アンヘリータ・ゴメス先生

スペインはフラメンコの土地と言いながらも、

実は、スペイン全土がフラメンコが盛んな訳ではなく

スペイン人でもフラメンコに馴染みのない土地の人たちは

フラメンコを見たことがないという人も珍しくありません。

 

そんなフラメンコ、じゃあ、どこで盛んなのかと言うと

アンダルシア地方です。

フラメンコを学ぶ人たちが行く先は、

 

〇セビージャ

〇へレス

〇グラナダ

が主なところです。

それと、

〇マドリッド

アンダルシア地方ではありませんが

首都は色々なものが集まりますから、

商業としてのフラメンコ、

観光客相手としてのフラメンコがあります。

 

その中でもへレスは、

かなりフラメンコが根付いている土地です。

セビージャ、グラナダに比べると町の規模はかなり小さいのですが

フラメンコ濃度はすごく高い。

 

そんな土地・へレスで、巨匠と言えばこの方(↓)

アンヘリータ・ゴメス大先生。

 

へレス出身の踊り手の多くは、

この方に手ほどきを受けたと言われています。

 

さて、アンヘリータ先生、

まだまだご健在で、

へレス・フェスティバルでは毎年クラスを担当なさっていますが、

ご自分のアカデミアはもう随分と前に後進に譲り、

ほぼ隠居生活に入られているようです。

 

Youtubeで検索すると

アンヘリータ先生のクラスの模様を写した動画がいくつか出てきます。

いきなりあちらのプロの踊り手のを見ても

どうしたらいいのか分からないって人にとっては

こんな感じの動画も参考になると思います。

 

ブレリアみたいな曲は、スペイン人の生活習慣からくるしぐさや

文化や風習や、そんなものが如実に表れる曲です。

ブレリアと言えば、アンヘリータ・ゴメス!という方のクラス動画には

そんなエッセンスが垣間見れます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。