森山みえ フラメンコBLOG

森山みえ フラメンコBLOG カテゴリー別アーカイブ: 動画

10月の舞踊団公演では、
ゲストも舞踊団員も総出で
ハレオ・エクストレメーニョを踊ります。

踊り手は、
ゲスト3名(伊集院史郎、津田可奈、山本将光)と
舞踊団員19名(OB1名、現役14名)
そして私。
合計19名。
大所帯ですね。

その19名が入れ替わり立ち替わり登場して1曲を仕上げます。

そのたたき台となる振付です。
これが19人で踊る大群舞と、どう変化していくでしょうか。

乞うご期待です。


最初から最後まで全員が舞台の上にいて、
皆が同じ振りを踊る群舞を作るのに比べると、
人が入れ替わり立ち替わりする群舞は、
その絵面を頭の中で想像するのが難しく、
相当の頭を使います。
踊り手の能力にもばらつきがあるので、
振付も何パターンか用意し、
それぞれが調和するように作らないとなりません。

中々作り手泣かせです。

でも、出来上がった時の喜びは一塩。

これが、発表会では中々できない、舞踊団ならではの群舞。


きっと、見て飽きない、
お客様に楽しんで頂ける演目になります。



秋の公演は、10月17日です。


昼の部と夜の部があります。
詳細は、今、フライヤーを制作中ですので、
できあがりましたらご案内いたします。


是非観にいらして下さい。


[`evernote` not found]

ソレア・ポル・ブレリアってヌメロ(曲)は、

男性がよく踊るもので、

あまり妙齢の女性は踊りません。

同じようなリズム、速度の曲には、

アレグリアスがあります。

アレグリアスは色々な踊り方があって、

リズムリズムのサパテアードだらけのアレグリアスもあれば、

バタやマントンを使って空気をまとうようなアレグリアスもあります。

ところが、ソレア・ポル・ブレリアには、

リズムリズムはあれど、

空気をまとう感じがない。

それならばソレアを踊るか、

カーニャ、パンベーラを踊られることが多い。

なので、ソレア・ポル・ブレリアは、

あまり女性的なヌメロという感じではありません。

「男振りでないソレア・ポル・ブレリアの振付を作りたい」

と思って、

女振りのソレア・ポル・ブレリアを作ってみました。

生徒の一人がこれをソロで踊る予定です。

[`evernote` not found]

水曜と土曜クラスでは、

今、同じカンティーニャの振付をしています。

今日はエスコビージャの後半を振り移ししました。

コントラ(裏打ち)祭り、二拍三連祭りですね。

メトロノームを使って、練習して下さい。

覚えるのは楽ではないけど、
コントラ、シンコパオ、二拍三連、などなど、
音遊びがフラメンコの面白いところ
下のクラスではこういうのは習いません。
上級生になってからです。



覚える苦労を乗り越えたら、
段々とこのセンティードに胸が躍ってくる筈です。

上級生の皆さん、頑張って、練習してね。


[`evernote` not found]

生徒が踊るカンティーニャの振付を考えました。

1つ目の歌ぶりは
アレグリアス・デ・コルドバです。
ソリスタだけが踊ります。

Pregúntale al platero
que cuánto vale
el ponerte en los zarcillos
mis iniciales 

金細工師に尋ねてみた
彼女のイヤリングに
僕のイニシャルを掘ってもらうのは
いくらでやってくれるかって



Me voy pa’ los callejones
a ver si me echan las cartas,
me salen dos corazones
y el tuyo es el que me falta.


裏路地を歩いていたら
カード(トランプ)が僕に配られた
2枚のハートだった
でも、彼女のハートは僕にはない


コルドバが終わったら群舞が加わり、
バタで踊るソリストと共に踊ります。

こちらはソリストのバタの振り

これらが、どう完成し、舞台の上でどう見えるか、
乞うご期待です!

[`evernote` not found]

火曜11:00~12:30のクラスの振付が、

2月から新しくなります。

詳細はこちらをご覧下さい。

[`evernote` not found]