森山みえ フラメンコBLOG

森山みえ フラメンコBLOG カテゴリー別アーカイブ: 生徒の出演舞台

「憧れのソレア、
無くしたものの足元で見つけたもの。
いまある力を込めて、踊りました。
もっともっと踊り続けていけますように…」

by 日下ゆみ

***********************

「ここ数年取り組んでおります
大好きなヌメロのGuajiraです。
踊る度にとても晴々と幸せな気分になります。
ややもすると落ち込みがちになってしまう昨今ですが、
少しでも元気をお届けできたら嬉しいです」

by Keiko Kobayashi

***************************************

 

 

 

年末年始のお休みの期間、

大晦日、元旦関係なくスタジオに通い、

レッスンを受けたり、

自主練したり、

家では音楽を聞き、

二人は練習に明け暮れました。

 

もうあれから3ヶ月が経つなんて、

光陰矢の如しです。

 

緊急事態宣言が発令され、

いくつかのクラスが休講になる中、

私は、ゆみさんと圭子さんとスタジオに籠り、

濃密な時間を過ごさせてもらいました。

 

舞台は、

上手く行っても、失敗しても、

その時で終わりますが、

映像は後に残ります。

ライブの臨場感もなく、

舞台とは違った難しさが

映像にはあります。

 

失敗すれば何度も撮り直しできますが、

何度も撮り直しをしても中々納得できず、

やればやる程、納得できなくなり、

いつしか集中力が失われ、体力も低下し、

身も心も消耗します。

 

「今の限界!」

というところまで

ストイックに拘り続けるというのは

撮り直しができるメリット以上に

大変なものでした。

 

 

踊りの動画を見る際に私は、

「踊りを見たい。

踊りをはっきり見たい。

カッコ良く編集された
『カッコいい映像』
を見たいのではなく、

『踊りの映像』を見たい」

と思う方です。

 

編集技術がないというのもありますが、

カッコいい映像を作りたいと思ったら

誰かに頼むこともできますが、

「踊りを見せる」

というところにこだわりを持って

最小限の編集だけにして、

この映像を作りました。

 

編集をしないので、

踊りの良し悪しがそのまんんま

映し出されています。

 

二人は直球勝負で挑みました。

編集に助けてもらえない分、
今の段階のできる限りで頑張ったし、

それだけに、一皮むけたように思います。

未熟なところはあります。

でも、こういのを繰り返して、
徐々にできることを増やしていきます。

 

「できないからやらない。

まだその段階じゃないからやらない」

と言うのではなく、

「今の段階でできることでいいから、
頑張ります」

と挑戦し、

いつの頃からか、

やると決めた時にいた「今の段階」の
1つ、2つ上に居るようになります。

 

粗を探せば粗はあるし、

上手い人からしたら下手なところもありますが、

それでも、これに挑戦する前の二人と比べたら、

とても上手になりました。

 

そんな挑戦をした二人の生徒を私は誇りに思います。

 

そんな二人のお手伝いをさせて頂けて、光栄です。

どうもありがとう。

充実した時間を過ごさせて頂きました。

 

とても、とても、素敵に踊れていると、

先生は思ってます(*^-^*)

 

 

 

Permalink | ソレア por ゆみ /グワヒーラ por Keiko はコメントを受け付けていません
[`evernote` not found]

Flamenco2030という団体が企画している

第二回フラメンコWebフェスティバルが

昨日から開催となりました。

 

今回は37組が参加し、それぞれの動画を出品しました。

うちの教室からは4人(組)が参加しました。

 

No.6 日下 ゆみ
/ソレア・リマインド廻炎
/ソレア

 

No.8 富松真佑子他(カンテ森薫里、ギター中川浩之、ピアノ野口杏里)
/舞踊団公演~六条御息所と葵上~
/El vito

 

No.10 ドミンゴ
/舞踊団公演「君を追いゆく薄月夜」より『頭中将』/
ガロティン

 

No.15 Keiko Kobayashi
/Guajira
/Guajiras de Natalia Marin

 

そして、私が監修したものではありませんが、
つい最近までスペインにフラメンコ留学していて、
今度の野音公演にも出てくれる
元生徒の川嶋沙瑛子ちゃんもエントリーしてます。

 

No.21 川嶋沙瑛子
/Bailando y tocando por Guajiras
/Guajiras

 

こちらのフェスティバルは
視聴者からの投票によって受賞が決まります。

視聴者は1人5票投票することになっています。

 

皆、一生懸命に練習し、作った作品です。

是非ご覧ください。

そして、もし気に入って頂けたら、
清き五票を5人にご投票下さいm(__)m

何卒、何卒、何卒、よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

事務局からの案内は以下の通りです。↓

 

 

【Flamenco2030 第二回フラメンコWebフェスティバル、4/11(日)0:00 いよいよ動画発表です!】

37組のフラメンコ動画、

本日深夜0:00より、特設サイトにてご覧いただけます。

https://www.flamencovideo.net/

(☆YouTube連続再生機能もあります。

 3分×37本、2時間弱で一気にご覧になれます)

先行きの見えづらい時代の不安をフッ飛ばしてくれるような、

エネルギー溢れる、37組のフラメンコ。

今回もアマチュアの方からプロの方まで、素晴らしい映像が集まっています。

今回のテーマは“自由”。編集も制限無し。

映像からイマジネーションがあふれます。

全国はもちろん国境を越えたコラボあり、ドキュメンタリーあり、ドラマあり、ひとり芝居あり、朗読あり、ドローン撮影あり・・・。濃密な3分間です。

そして参加者の方のコメントも胸を打ちます。

生のライブももちろん素晴らしいけれど、ネットだからこそ伝わるフラメンコがここにあります。

本日深夜 4/11 0:00 より動画公開、投票開始です。

じっくりご覧ください。

そして、心動いた方のフラメンコにぜひ、あなたの票を届けてください。

たくさんの方にお楽しみいただけることを願っています。

☆視聴・投票開始!

投票期間    :4/11(日)〜 4/30(金)

結果発表    :5/15(土)

以下、素晴らしい37作品のエントリーナンバーです。

3分間に込められた37のフラメンコ、じっくり味わってください。

No.1 矢野吉峰フラメンコスタジオ/ /群舞「Guajira」

No.2 松本真理子 ラ・カンパニージャ舞踊団(井田泰子、湯浅万里奈)/Compañia Mari la campanilla/水の行く道 El Canal / 平松加奈

No.3 山田 あかり/ダビ・ラゴス監修によるミロンガ コン ヒナマツリ/ミロンガ コン ヒナマツリ

No.4 荒濱早絵/Calma 空と海と太陽と/Las migas「Calma」

No.5 塩谷経/甥っ子達よ、元気か?/グアヒーラ・グアヒーラ(仮)(ショートバージョン)

No.6 日下 ゆみ/ソレア・リマインド廻炎/ソレア

No.7 Los pétalos de rosa/Virtual Flamenco 再会/Tango de virtual

No.8 富松真佑子他(カンテ森薫里、ギター中川浩之、ピアノ野口杏里)/舞踊団公演~六条御息所と葵上~/El vito

No.9 石沢ふゆこ/匍匐(ほふく)でも前進/Rondena(ロンデーニャ)

No.10 ドミンゴ/舞踊団公演「君を追いゆく薄月夜」より『頭中将』/ガロティン

No.11 吉村優子/風 〜kaze〜/rumba Cavatina

No.12 佐藤真理/Sol,mar y flamenco ~Sevillanas en Okinawa~/por la bahía

No.13 PeñaFlamenca ぐるぐる/Compásの渦・ぐるぐる・仲間たち/Bulería

No.14 タマラ・ラボ/プロローグ/Bulería

No.15 Keiko Kobayashi/Guajira/Guajiras de Natalia Marin

No.16 相坂直美(あいさかなおみ)/Mi primera bata de cola(初めてのバタデコーラ)/Alegrias

No.17 池川寿一/「明日があるさ」をフラメンコでやってみた/明日があるさ(坂本九)

No.18 山崎双葉/雪山の上で踊ってみた/ソレアポルブレリア

No.19 カンテさいとうさゆり・バイオリン二上公臣・ギター北村海人/Bésame mucho -Bulería-/Bésame mucho

No.20 東郷恵子/自宅で歌うフラメンコ/Fandango de Huelva

No.21 川嶋沙瑛子/Bailando y tocando por Guajiras/Guajiras

No.22 Andy Ido/新学期/Caracoles

No.23 後藤 晃/後藤晃オリジナルファルセータ集01/グアヒーラ+ブレリア+タンゴ(ポル・アリーバ)+ブレリア(ポル・アリーバ)

No.24 3時のtres bailaoras (川崎晃子・鈴木旗江・松永郁子)/bulerías/bulerías

No.25 永田健/In My Spirit/In My Spirit

No.26 踊る喋り屋・凌木智里/¡Vámono pa’ Caí!/Tanguillo de Cadiz

No.27 本間静香/HIKARI ~La luz de la Esperanza~(希望の光)/ブレリア、光

No.28 池野美結(イケノミユ)/【挑戦】Combinación por solo 〜neoフラメンコライブ〜/Jaleos (Ritmo

No.29 バイレ 小池朱美 カンテ 水落麻理 カホン 稲津清一/故郷からの祈り/Debla(デブラ)

No.30 羊と麦とマチョ/四味一体/シギリージャ

No.31 土井康子、山内裕之、山内彩/「オンライン風?」/Sevillanas Alosneras

No.32 ギター伴奏 島田武 カンテ 中村一郎/La Petenera en 顔振峠 (versión libre con letra mixta)/La Petenera

No.33 定直慎一郎/M1-S0L34 エピソード0 〜シニチーロ・ジョジーキ/カンティーニャ (Cantiña de la Monterana y la Contrabandista)

No.34 Noriko、Satsuki(バイレ)、 Poyin(カンテ)、Ivan(ギター)/グスク・フラメンコ~en lo alto del cerro~/タンゴ・デ・グラナダ

No.35 本田恵美/フラメンコ都市伝説 ・キルケー再び!〜Leyenda urbana flamenca ☆Circe, Nuevamente!/Michel Camilo & Tomatito

No.36 小倉誠司/追悼 Chick Corea/SPAIN

No.37 Esperanto/en fermita mondo/guajira

☆視聴・投票開始!

投票期間    :4/11(日)〜 4/30(金)

結果発表    :5/15(土)

本日深夜0:00より、特設サイトにてご覧いただけます。

https://www.flamencovideo.net/

ネットでつながるフラメンコのお祭り、お楽しみください!

[`evernote` not found]

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

Permalink | コメントを読むにはパスワードを入力してください。
[`evernote` not found]

11月9日(月)夜に国立劇場で開催される
小松原庸子スペイン舞踊団公演に出演致します。

10月17日のうちの公演から
3週間しか間が空かない為、
出演を躊躇いましたが、
「チャンスの神様は前髪しかない」
と言われています。
今あるものが、ずっとあるとは限らない。
次があるとは限らない。
「出れる時に出ておこう!」
と思い、
謹んでお引き受けいたしました。

最初は「ソロで」という話でしたが
今回は、群舞で出演します。

国立劇場は、
そんじょそこらの人では
借りることができない程の
権威ある箱です。
庸子先生程の人じゃないと、
そうそう使わせてもらえません。
「あれだけの立派な劇場、
生徒たちとも舞台に立つ喜びを
共有したい」
と思いました。

ただ、10月17日が終わって間もないこともあり、
教室の生徒からの参加は1人だけになりました。
その代わり、この時だけのにわか舞踊団員として
外部の3人が出演してくれることとなりました。

昨日はにわか舞踊団員4人のうちの2人の
レッスンがありました。

このように、舞台出演は、
恒常的に在籍している生徒だけでは
足りない場合は、
外部の方に助っ人として
出て頂くのもありだなって思ってます。

今後も、生徒だけで足りない場合は、
外部の方に積極的に声を掛けていきます。

ちゃんとレッスンを受け、
頑張ってくれるのであれば、
恒常的であろうと、
期間限定であろうと、
生徒には変わりない。


ということで、
ちょっとした新しい風が吹いている
みえ教室です。

*******************************
外部の方の参加は、
その方が師事する先生の許可が必要です。
私のすることが、
その方と先方の先生との
仲たがいや軋轢の原因になるのでしたら、
当方への参加はご遠慮頂いております。
あくまでも、
「いい機会だから頑張って!」
と快く送り出してもらえる環境にいる方のみです。
結構、大事なことです。

私も、
「この生徒ならば、
外部の舞台に出しても恥ずかしくない」
という生徒は外部の舞台への出演は、
これまでも許可してきております。
外部の舞台への出演は、
刺激にもなるし、
それ故に勉強にもなります。
しかしながら、
まだまだの生徒の場合は許可しません。
どの先生も、許可しないには理由があります。
その方を継続的に面倒みている先生が
「まだ早い」「今の状況ではダメ」
と言うのであれば
それは従うべきだと思います。

うちの生徒が外部の舞台に出る場合も、
外部の生徒さんがうちの舞台に出る場合も、
ご自分の先生と良く話し合うことが大事です。
そこをすっ飛ばして、
ご自分の
「踊りたい!」
「舞台に出たい!」
という想いだけで突っ走ると、
これまで築いてきた大事なものを失います。
それはとても残念なことです。
根回しは慎重にしましょう。









[`evernote` not found]

今年も7月にプリメラの仲間たちが開催されます。


プリメラのニューウェーブは主催者がえらんだプロの会で、
プリメラの仲間たちは、出演したい人が応募して出れる会です。
『仲間たち』の出演者はプロの人よりも愛好家の方が主となります。



場所は新宿労災ホール。
テアトロの舞台です。

チケットノルマはなし。

参加費はプリメラの主催者に支払いになります。

また、バックアーティストは出演者が連れて行く形となり、
主催者は用意しません。
出演者が好きな方を選び、出演交渉をします。
その為、バックアーティストへの出演料の支払いは、
出演者から行われることになります。

かかる費用は、バックアーティスを誰に頼むかと、
エンサージョの回数によって変わってきますが、
以下に一例を挙げておきます。


〇参加費→プリメラ 20,000円

〇出演料(ギター)→ スペイン人6~70,000円、日本人 ぴんきり
〇出演料(カンテ)→  スペイン人6~70,000円、日本人 ぴんきり
〇出演料(パルマ)→  スペイン人6~70,000円、日本人 ぴんきり



〇エンサージョ料(ギター)→ スペイン人6~7,000円、日本人 ~5,000円
〇エンサージョ料(カンテ)→ スペイン人6~7,000円、日本人 ~5,000円
〇エンサージョ料(パルマ)→ スペイン人6~7,000円、日本人 ~5,000円

〇エンサージョ時のスタジオ代→1,000~2,000円
〇エンサージョ時の個人レッスン代→7,000円

もし、ギター、カンテ、パルマを全員スペイン人に頼み、
個人レッスンを付けるとしたら、
1時間当たり28,000円かかります。
エンサージョを3回やったら、84,000円かかります。
バックアーティストの出演料210,000円
+エンサージョ3回84,000円
+プリメラへの参加費支払い
=約30万円になります。




もし、ギター、カンテ、パルマを中堅どころの日本人に頼み、
個人レッスンを付けるとしたら、
1時間当たり22,000円かかります。
エンサージョを3回やったら、66,000円かかります。

日本人のバックアーティストの場合、
プリメラなら安くしてくれる人もいたり、
誰からの依頼なら安くしてくれたり、
まとめて何人かで頼めば安くしてくれたり、
そんなの関係なしに、一律、同じって人もいたりするので、
交渉してみないと分からないってのが正直なところです。

ただ、スペイン人よりは交渉の余地はかなりあります。



生徒さんの中で、出演希望の方がいらしたらご連絡下さい。

10月の舞台前の度胸試しにもなると思います。


[`evernote` not found]