森山みえ フラメンコBLOG

森山みえ フラメンコBLOG カテゴリー別アーカイブ: 生徒の出演舞台

来年の4月29日(祝)に開催されるANIFERIAですが、
レッスンの前後で何人かの生徒たちに、

「グワヒーラで教室として群舞で出ない?」

とチラッと話をしたら、

「大勢で出れるなら出ます(*^-^*)」

ということで参加するって生徒たちがいます。
(真佑子、文、みずき、由美子、久美、梓・圭子・現在7人)

10人くらい集まるならアニフェリアにエントリーしようと考えています。


グワヒーラは、今、クラスでやってるグワヒーラです。
そのグワヒーラを知らない人でも、
出たいとなったら教えます。

フォーメーションだとかの練習は、1ヶ月半前辺りから始めます。

レッスン料は通常クラスと同じで、
1時間なら2000円、
1時間半なら3000円です。


現時点で出たいと思ってる人は、
チラッと私にお伝えください。

申し込みは12月頃らしいので、
その頃になって、状況が変わってしまって、
「やっぱり、出れなくなりました」
でも現時点では大丈夫です。
協会に申し込む段階で、正式に意思確認をします。


先輩も、後輩も、皆で一つの群舞を作って、
また新たな舞台を目指しましょう(^^)/



2016年ANIFERIA



2017年フラメンコ協会の新人公演(群舞)


[`evernote` not found]

来年のアニフェリアは、4月29日(水・祝)に行われます。

いつものアニフェリアとは違った感じで開催されるようなのですが、
例年同様に、
公募によるセビジャーナスや群舞の作品の枠があるとのことなので、
生徒さんたち10人位集まるようなら、応募してみようかと考えております。

演目は、出演するという生徒さんたちの希望を聞いて決めます。

例えばの候補は、
去年のセビジャーナス・フェスティバルで踊ったマントンのセビジャーナス。


割と大勢が踊れるグワヒーラconアバニコ、ガロティン等。


これからアレグリアスのバタのクラスも始まるので、
バタのアレグリアスでもいいかもしれません。


振りを知ってる人が一人もいませんが、取っつき易く、
どのレベルの人も楽しめるエル・ビトを新たに振り付けてもいいです。

できたら、大勢の人が出れるものにしたいと思ってます。

 

アニフェリアは分数によってチケットノルマが変ってきます。

それとバックアーティストの費用もかかります。

興味のある方は、私にその旨、お伝え下さい。
興味あり!ってメンバーの顔触れを見て、
その人たちの話を聞いて、演目を決めていきます。


2月頭にソロ発表会が終わり、
秋までは生徒さんが踊る舞台はないので、
GWの頃、
大勢で気軽に出れるアニフェリアに出るのは楽しいのではないかと思います。

[`evernote` not found]



観に来て下さってたお客様が動画を撮影して下さっていました。


約10分もの間、ずっとカメラを持って撮影して下さっていたお客様、

さぞ手がお疲れになったかと思います。

お陰様で、私たちにとって、とても嬉しい記念になりました。

どうもありがとうございました(*^-^*)

[`evernote` not found]

小松原庸子スペイン舞踊団公演

「真夏の夜のフラメンコ」

に昨日、

森山みえ舞踊団 La Puerta Abierta

として出演し、

Siguiriyas をバタとパリージョを使って踊りました。

暑い中、観に来て下さったお客様、

どうもありがとうございました。


一人もメンバーが欠けることなく、

無事に昨日の日を迎えられたこと、

何よりも良かったと思っております。

共に舞台に立ってくれた8人のメンバーに感謝してます。

一ヶ月と短い準備期間でしたが、

素敵な時間を一緒に過ごさせてもらいました。

ここまで頑張ってくれて、

皆、どうもありがとう(*^-^*)ノ

そして、このような機会を下さり、

ご指導下さった庸子先生、

本当にどうもありがとうございました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

この件に関しては、

またゆっくりブログに書いていきます。

まずは取り急ぎ、

ご来場下さったお客様、

応援して下さっていた皆様に、

お礼を申し上げます。

どうもありがとうございました。


メールを下さってる皆様、
順次、お返事を差し上げますので、
少々お待ち下さい。

[`evernote` not found]

2020年2月1日(土)夜の部
アルハムブラを抑えました。


【出演者募集】
〇ソリスト・群舞 4人・組

(ソリスト2人 決まりました)


出演希望の方は、お問合せ下さい。


〇参加費: 5000円(ソロ)、3000円(群舞)。

〇チケットノルマ: ソロ10枚、群舞5枚/人

〇バックアーティストの出演料は、参加者で割り勘

 

チケットは5000円。

但し、コース料理も付いての5000円です。
ほとんどの人が、自分が食べた分位は払いたいって思うので、
出演者はチケット代を自腹を切らず、売り易いと思います。

お世話になってる人を招待したいって時も、
チケットをポンと渡せばいいだけなので、
スマートです。

 

 

バックアーティストの出演料に関しては、
例えば、ソロ2人、群舞2組の場合、
料金を4で割ります。

 

バックアーティストの出演料を
ギター、カンテ、パルマを含め、仮に8万だと想定します。
すると、
ソロ20,000円/人です。

群舞を1組3人と想定します。
すると
約7,000円/人です。

 

但し、バックアーティストの出演料については、
スペイン人を使えば、ポン!と跳ね上がります。

 

ゲストの男性と踊りたい場合は、
その費用は別途かかります。

 

 

ソロの人は、
ソロ1曲の他に、
ブレリア、ファンダンゴ、

 

群舞の人は、
群舞1曲の他に、
セビジャーナス。

って感じにすると思います。

 

でも、絶対じゃないです。
ブレリア、ファンダンゴ、セビは、
その時々で、やったり、やらなかったりします。
これは料金に入ってるってより、サービスです。
なので、ソロだけに一曲入魂したいって人はそれでも構いません。

 

その次は6月を考えています。

[`evernote` not found]