森山みえ フラメンコBLOG

森山みえ フラメンコBLOG カテゴリー別アーカイブ: 生徒の出演舞台

11月9日(月)夜に国立劇場で開催される
小松原庸子スペイン舞踊団公演に出演致します。

10月17日のうちの公演から
3週間しか間が空かない為、
出演を躊躇いましたが、
「チャンスの神様は前髪しかない」
と言われています。
今あるものが、ずっとあるとは限らない。
次があるとは限らない。
「出れる時に出ておこう!」
と思い、
謹んでお引き受けいたしました。

最初は「ソロで」という話でしたが
今回は、群舞で出演します。

国立劇場は、
そんじょそこらの人では
借りることができない程の
権威ある箱です。
庸子先生程の人じゃないと、
そうそう使わせてもらえません。
「あれだけの立派な劇場、
生徒たちとも舞台に立つ喜びを
共有したい」
と思いました。

ただ、10月17日が終わって間もないこともあり、
教室の生徒からの参加は1人だけになりました。
その代わり、この時だけのにわか舞踊団員として
外部の3人が出演してくれることとなりました。

昨日はにわか舞踊団員4人のうちの2人の
レッスンがありました。

このように、舞台出演は、
恒常的に在籍している生徒だけでは
足りない場合は、
外部の方に助っ人として
出て頂くのもありだなって思ってます。

今後も、生徒だけで足りない場合は、
外部の方に積極的に声を掛けていきます。

ちゃんとレッスンを受け、
頑張ってくれるのであれば、
恒常的であろうと、
期間限定であろうと、
生徒には変わりない。


ということで、
ちょっとした新しい風が吹いている
みえ教室です。

*******************************
外部の方の参加は、
その方が師事する先生の許可が必要です。
私のすることが、
その方と先方の先生との
仲たがいや軋轢の原因になるのでしたら、
当方への参加はご遠慮頂いております。
あくまでも、
「いい機会だから頑張って!」
と快く送り出してもらえる環境にいる方のみです。
結構、大事なことです。

私も、
「この生徒ならば、
外部の舞台に出しても恥ずかしくない」
という生徒は外部の舞台への出演は、
これまでも許可してきております。
外部の舞台への出演は、
刺激にもなるし、
それ故に勉強にもなります。
しかしながら、
まだまだの生徒の場合は許可しません。
どの先生も、許可しないには理由があります。
その方を継続的に面倒みている先生が
「まだ早い」「今の状況ではダメ」
と言うのであれば
それは従うべきだと思います。

うちの生徒が外部の舞台に出る場合も、
外部の生徒さんがうちの舞台に出る場合も、
ご自分の先生と良く話し合うことが大事です。
そこをすっ飛ばして、
ご自分の
「踊りたい!」
「舞台に出たい!」
という想いだけで突っ走ると、
これまで築いてきた大事なものを失います。
それはとても残念なことです。
根回しは慎重にしましょう。









[`evernote` not found]

今年も7月にプリメラの仲間たちが開催されます。


プリメラのニューウェーブは主催者がえらんだプロの会で、
プリメラの仲間たちは、出演したい人が応募して出れる会です。
『仲間たち』の出演者はプロの人よりも愛好家の方が主となります。



場所は新宿労災ホール。
テアトロの舞台です。

チケットノルマはなし。

参加費はプリメラの主催者に支払いになります。

また、バックアーティストは出演者が連れて行く形となり、
主催者は用意しません。
出演者が好きな方を選び、出演交渉をします。
その為、バックアーティストへの出演料の支払いは、
出演者から行われることになります。

かかる費用は、バックアーティスを誰に頼むかと、
エンサージョの回数によって変わってきますが、
以下に一例を挙げておきます。


〇参加費→プリメラ 20,000円

〇出演料(ギター)→ スペイン人6~70,000円、日本人 ぴんきり
〇出演料(カンテ)→  スペイン人6~70,000円、日本人 ぴんきり
〇出演料(パルマ)→  スペイン人6~70,000円、日本人 ぴんきり



〇エンサージョ料(ギター)→ スペイン人6~7,000円、日本人 ~5,000円
〇エンサージョ料(カンテ)→ スペイン人6~7,000円、日本人 ~5,000円
〇エンサージョ料(パルマ)→ スペイン人6~7,000円、日本人 ~5,000円

〇エンサージョ時のスタジオ代→1,000~2,000円
〇エンサージョ時の個人レッスン代→7,000円

もし、ギター、カンテ、パルマを全員スペイン人に頼み、
個人レッスンを付けるとしたら、
1時間当たり28,000円かかります。
エンサージョを3回やったら、84,000円かかります。
バックアーティストの出演料210,000円
+エンサージョ3回84,000円
+プリメラへの参加費支払い
=約30万円になります。




もし、ギター、カンテ、パルマを中堅どころの日本人に頼み、
個人レッスンを付けるとしたら、
1時間当たり22,000円かかります。
エンサージョを3回やったら、66,000円かかります。

日本人のバックアーティストの場合、
プリメラなら安くしてくれる人もいたり、
誰からの依頼なら安くしてくれたり、
まとめて何人かで頼めば安くしてくれたり、
そんなの関係なしに、一律、同じって人もいたりするので、
交渉してみないと分からないってのが正直なところです。

ただ、スペイン人よりは交渉の余地はかなりあります。



生徒さんの中で、出演希望の方がいらしたらご連絡下さい。

10月の舞台前の度胸試しにもなると思います。


[`evernote` not found]

【第 1 部】
■「セビジャーナス作品」
1. <合奏> 池川寿一 iVIVA!フラメンコギタースクール (5 分)

2. <合唱&合奏> 石塚隆充 アテネ・ミュージック&アーツ (5 分)

3. <群舞/音源> 中尾真澄 フラメンコスタジオ SOL (5 分)

4. <群舞/音源> 小形衣里 フラメンコスタジオ (6 分)

5. <群舞> ラス・グアパス (5 分)

■ 「セビジャーナス以外の作品」
1. <ソロ> 勝羽ユキ 「未定(コプラ)」 (5 分)

2. <群舞> 吉野真未 「ミラブラス」(7 分)

3. <群舞> Estudio EL PATIO 「ソロンゴ」 (6 分)

4. <群舞> チャチャ手塚フラメンコ教室 「ティエントス」(7 分)

5. <群舞/音源> スタジオ・マジョール 「ラ・ビダ・ブレべ」 (5 分)

6. <群舞>スタジオ “hermanas” 「ソレア・ポル・ブレリア」 (7 分)

7. <群舞> 小形衣里フラメンコスタジオ 「タンゴ」 (7 分)

8. <群舞> 森山みえフラメンコ教室 「グアヒーラ」 (7 分)



うちは一般の部の最後になります。


この後、特設ステージでは協会の先生方により演目があります。



今日は、このグワヒーラの音合わせを、
ギターの今田さん、カンテの有田さんとしました。

音楽が決まりましたので、これに振りを付けていきます。


見ている人が、ぱーーっと華やかな気分になれるような、
明るく朗らかで美しいグワヒーラの群舞を作ります(*^-^*)ノ


あと3ヵ月。
10月の舞踊団公演と同時並行で取り組むことになり、
出演する舞踊団員は練習に大忙しですが、
本番の舞台があるからこそ、伸びると私は思います。


本番の日、楽しくはじけられるように、頑張っていきましょう!


[`evernote` not found]

日本フラメンコ協会主催で毎年行われているアニフェリアですが、
来年は野音がないし、
セビジャーナス・フェスティバルもないと聞いていたので、
「久々に協会のアニフェリアに出させてもらおうかな」
と考えておりましたところ、
来年は、特別な祭典を行うということもあり、
なんと、今日の申込開始と同時に、
今日で既に募集枠が満員になり、
募集が締め切られたそうです!


私は、今回は特別な祭典になるし、
公募枠が少ないと聞いていたので、
すぐに募集枠が埋まってしまいそうと思い、
受付開始と同時に申し込みました。

申し込み順ということで、出演が決まりました!

良かったです!




今のところの予定としては、
生徒8人と私とで出ます。

演目はグワヒーラです。


バタで出るか、バタなしにするかを生徒たちと相談したところ、
来年は秋にも舞踊団公演があり、
生徒たちのお財布には秋風が吹くことが考えられるので、
衣装に費用をかけず、
自前の衣装で出れる方がいいってことで、
バタなしになりました。


ということで、あかりパークに出た時と同じ衣装になります。


出演する皆さん、


白、またはアイボリーのブラウス、ファルダ、
ベージュのベルト
をご用意下さい。
ベージュのベルトは、私の方で3つ余分に持っているので、お貸しできます。


また、大きな舞台で大群舞で踊れるので、
楽しみです。

出演する生徒さんたち、いい舞台にしていきましょうね!




[`evernote` not found]

 

本日は、

小松原庸子スペイン舞踊団

フラメンコ スペシャルステージ 

創エネ あかりパーク 2019

に生徒たちと一緒に出演致しました。


 

グワヒーラは女子生徒と5人で、

セビジャーナスはドミンゴも含め、6人で踊りました。

ご来場下さいました皆さま、どうもありがとうございました。



庸子先生、いつも貴重な機会を下さいまして、

どうもありがとうございます

事務の方々、舞踊団の方々、色々と良くして頂き、

ありがとうございました。



夜風の吹く、すごく照明が綺麗な舞台で踊れて、幸せでした照れラブラブ

[`evernote` not found]