森山みえ フラメンコBLOG

森山みえ フラメンコBLOG カテゴリー別アーカイブ: 舞踊団公演

ホール使用料を支払うついでに、
舞台や客席、楽屋などを見学させてもらってきました!

まずは駅からスタート!

都営新宿線「瑞江駅」の南口です。
バスのロータリーのない方です。

駅の南口を出て正面の道を行きます。

右手にはブックオフがあります。
ブックオフの角を右に曲がります。

ブックオフまで駅から1分ほど。



ブックオフの角を右に曲がるとすぐに
『東部フレンドホール』
が見えてきます。
ブックオフから約30秒!

駅近!!!!


ちなみに、ホールのある建物の向かい側にはお花屋さん。
便利!


では、早速、中に入ってみましょう!

(↓)こちらが建物の玄関



こちらがホールの入り口。
建物の玄関を入って、目の前!

1階です。



ロビーを抜け、ホールのドアを開けると、こんな感じ。



(↓)ホール後方から






(↓)ホール中ほど



前回の船堀タワーホール(小)は、
ステージ仕様というよりは、多目的ホールだったらしく、
客電は消えないは、
消防法の問題でスモークは焚けないはで、
照明効果が半減でした。

照明がしょぼいと、舞台効果も落ちる。

どんなに舞台の上の人が良いパフォーマンスをしようと、
どんなに裏方がプロの技を駆使しようと、
照明が安っぽいと、作品の質が下がって見える。

タワーホールは駅から近く、
建物も綺麗で立派でしたが、
舞台効果という意味では、
東部フレンドホールに軍配が上がります。



(↓)ホール前方

小岩アーバンプラザホールと比べると
最前列と舞台との距離がすごく近いです。
滅茶苦茶、臨場感あります。

客席が広いので、
S席、A席と座席を分けようかしら。



(↓)小さいお子様をお連れの方用のお席もあります。
お子さんが騒いでも大丈夫なように、
一般の座席とはガラスで隔てられていて、
外に声が漏れないようになっています。
お子様連れ席の方には、スピーカー越しにはなりますが、
舞台の音が聞こえる仕組みになっています。

これなら親御さんも気兼ねをせずに
舞台鑑賞を楽しめますね。



(↓)舞台袖から見た舞台の様子


舞台の横幅はアーバンよりも狭いですが、
奥行きはアーバンよりもあります。

フラメンコは横幅よりも奥行が必要となるので、
奥行があるのは嬉しいです。


収容人数は、348人です。

親子席8人
車椅子席2席
カメラマン用に潰す席24席

一般席は314席です。



(↓)第一楽屋
舞台のすぐ側の小さい楽屋です。

早替え用ですね。



(↓)第二楽屋
第一楽屋とほぼ同じ大きさ。
男子楽屋に決まり。
バックアーティスト(男性)も一緒になります。


(↓)第三楽屋
大部屋です。
女子楽屋に決まり。

但し、残念なことに、洗面台がありません。
すぐ隣にトイレがあるので、そこを使用することになります。




ホールの見学は、
毎度のことながらテンションが上がります。

「ああ、来年、ここで上演するのか…」

と熱き血潮を感じました。






[`evernote` not found]

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

Permalink | コメントを読むにはパスワードを入力してください。
[`evernote` not found]

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

Permalink | コメントを読むにはパスワードを入力してください。
[`evernote` not found]

来年の舞踊団公演のギターさんは、


エミリオ・マジャさん



に決まりました。



エミリオはギターの腕前は言うまでもありませんが、
日本語もカタコトですが話ますし、
明るいし、優しいし、
発表会にも良く呼ばれているので、
日本の練習生にも慣れています。

生徒さんたちも安心して、身を任せられるの間違いなしです。


スペイン人からスペインのセンティードを学ばせてもらいましょうね!

[`evernote` not found]

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

Permalink | コメントを読むにはパスワードを入力してください。
[`evernote` not found]