森山みえ フラメンコBLOG

森山みえ フラメンコBLOG カテゴリー別アーカイブ: 舞踊団公演



唯一の月刊フラメンコ専門誌
『Paseoフラメンコ』10月号に
私の記事が載りました。
 
「劇場で踊ろう!」
森山みえの新時代戦略
 
という、
何だかすごいタイトルが付いています。
 
劇場公演を開催することになった理由や
劇場公演に対する想いがつづられています。
 
 
尚、パセオ・フラメンコの小山社長の
ご厚意により、
かなりのお手頃価格で
この10月号のパセオ・フラメンコを
譲って頂きました。
多くの方に読んで頂きたいので、
10月17日に当方の公演を見に
劇場にいらっしゃるお客様全員に
こちらを配布して差し上げます。
 (私は私の公演への想いを伝えられるし、
しゃちょはパセオを知ってもらえるという
利害が一致キラキラニコニコラブラブ
 
中々劇場公演をする人が少なくなってきた昨今。
それは、
ひとえに日本フラメンコ界の経済状況にあります。
人伝手(ひとづて)ですが、私と同世代の方で、
もう何度も劇場公演を行ってるベテランのとある方が
「いつ辞めてもおかしくない。
ギリギリのところでいつもやってる」
と言っていたそうです。
「劇場公演はリスクが高いから」
とその話をしてくれた人が言いました。
「あの人でもそう思いながらやってるのか…」
とその話を聞き、思いました。
 
 
バブルの頃のようなことはできない・・・。
 
 
でも、劇場公演がなくなってしまうのは
残念なことです。
 
続けていくには戦略が必要になります。
 
この記事に書かれたことは、
その戦略の一部でしかありませんが、
私も、
「もうこれが最後かもしれない。
次はできないかもしれない」
という想いと、
「何とかして次もやりたい」
という相反する想いを抱えて、
劇場公演を作ってます。
 
 
是非、こちらの雑誌で記事をお読みください音譜
[`evernote` not found]

教室生徒さんに限り、
昼と夜の両方をご覧下さる方におかれましては、
昼夜セット価格
通常ですと16000円(早期割引でも12000円)のところを
9000円でご提供致します。

お教室のメンバーがずらりと出演する舞踊団公演
いつかは自分もあの舞台に立つという下見を兼ねて、
是非是非観にいらして下さい。

よろしくお願いいたします。


[`evernote` not found]

10月の舞踊団公演では、
ゲストも舞踊団員も総出で
ハレオ・エクストレメーニョを踊ります。

踊り手は、
ゲスト3名(伊集院史郎、津田可奈、山本将光)と
舞踊団員19名(OB1名、現役14名)
そして私。
合計19名。
大所帯ですね。

その19名が入れ替わり立ち替わり登場して1曲を仕上げます。

そのたたき台となる振付です。
これが19人で踊る大群舞と、どう変化していくでしょうか。

乞うご期待です。


最初から最後まで全員が舞台の上にいて、
皆が同じ振りを踊る群舞を作るのに比べると、
人が入れ替わり立ち替わりする群舞は、
その絵面を頭の中で想像するのが難しく、
相当の頭を使います。
踊り手の能力にもばらつきがあるので、
振付も何パターンか用意し、
それぞれが調和するように作らないとなりません。

中々作り手泣かせです。

でも、出来上がった時の喜びは一塩。

これが、発表会では中々できない、舞踊団ならではの群舞。


きっと、見て飽きない、
お客様に楽しんで頂ける演目になります。



秋の公演は、10月17日です。


昼の部と夜の部があります。
詳細は、今、フライヤーを制作中ですので、
できあがりましたらご案内いたします。


是非観にいらして下さい。


[`evernote` not found]

舞踊団公演で準主役を演じて下さるゲストは


津田可奈ちゃん

に決まりました。



準主役はダブルキャストになり、
可奈ちゃんは夜の部に出演なさいます。


昼の部は、舞踊団員の富松真佑子が演じます。



詳細は、こちら

[`evernote` not found]

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

Permalink | コメントを読むにはパスワードを入力してください。
[`evernote` not found]