森山みえ フラメンコBLOG

森山みえ フラメンコBLOG カテゴリー別アーカイブ: 発表会

今年秋に行われる舞踊団公演の

ソリスタのキャスティングを進めておりましたが、

冬休みに入ってしまったり、

緊急事態宣言が発令されたりと

一時中断しております。

 

でも、そろそろ再開しないとって思ってます。

 

 

ソリスタ以外の群舞で出演する舞踊団員におかれましては、

以下のヌメロを踊ってもらおうかと検討中です。

 

オープニング:グループA、B
※ちょっとだけ
※ヌメロは未定

アレグリアス:グループA、グループB
※グループAは燁子と1歌を踊る
※グループBはサキと2歌を踊る

 

ガロティン:グループA

カラコレス:グループB

フィナーレ:グループA、B

※ちょっとだけ
※ヌメロは未定

 

舞踊団公演の演目は、
群舞の方々は最初から最後まで通して踊ることは
ほぼないかと思われます。

 

 

舞踊団公演に群舞として参加の方々で、
発表会でソロを踊る方以外は、
発表会の最後を締めくくる、
舞踊団クラスとしての演目も踊ってもらおうと考えています。
以下のプログラムの7番です。

10/30(土)
〇発表会〇
1.ファンダンゴ con バタ(火曜夜)
2.タンゴ・デ・マラガ(日曜)
3.アレグリアス con マントン(火曜昼)
4.ソレア con バタ(金曜)
5.ガロティン(火曜夜)
6.カーニャ(舞踊団のソロ/遠藤美和)
7.グワヒーラ(舞踊団の群舞)
8.フィナーレ/ベルデ(舞踊団メンバー以外全員)

~休憩~

〇舞踊団公演〇

 

 

[`evernote` not found]

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

Permalink | コメントを読むにはパスワードを入力してください。
[`evernote` not found]

来年の10月30日に

発表会を開催する予定ですが、

フォーメーションしたり、

踊り込んだりということを考えると

半年くらい前までには振付を終えたいところです。

ということは4月30日までに、

ハケまで振付を終わらせるということです。

1月、2月、3月、4月の4ヶ月間で

今の生徒たちのレベルとスピードで

どの位の振りを付けられるかが決まってきます。

発表会の群舞の演目は、

火曜昼: アレグリアス con マントン

火曜夜: ガロティン

火曜バタ: ファンダンゴ

日曜午後: タンゴ・デ・マラガ

が一応、今、演目として挙がっています。

ガロティン、タンゴ・デ・マラガは

もうタンゴの入りまで来たので、

4ヶ月あれば、余裕で振付は終わります。

その後、半年、じっくりと踊り込みができます。

ファンダンゴは何せ、先週始まったばかりなので、

全く進んでません。

まずはバタのテクニカです。

でも、4ヶ月で皆さんが踊れるような振付にするので大丈夫です。

さて、アレグリアス con マントンです。

今まだ、1歌の後のファルセータが終わり、

2歌の入りをやっと今日やったばかりです。

この後、エスコビージャ、ブレリアと続きます。

リズム、リズム、

コンパス、コンパス、

ソニケテ、ソニケテの振りを踊りたいというので、

シレンシオはなしの、

エスコビージャ長めと考えております。

ただ、2歌、エスコビージャ、ブレリアを4ヶ月でとなると、

皆さんの今の振りを覚える速度と踊りのレベルを考えると

エスコビージャを長くできる気がしてません。

1月以降は、まずは2歌を振付け、

その後、ブレリアを先に振付けます。

エスコビージャは長くも、短くもできますので、

他の全部の振りが終わった後の

あまった時間でエスコビージャを振り付けます。

皆さんがさっさとと覚えて、

エスコビージャの為の時間が3ヵ月あるなら、

凝ったこともできるし、長くもできます。

皆さんが中々覚えてこないで、

エスコビージャの為の時間が1ヶ月しかないなら、

ちょこっと足やったら、

すぐにスビーダ+ジャマーダになってしまいます。

ということで、生徒さんの頑張り次第になりますので、

冬休みの間に、振りを忘れてこないように、

お休み期間中も練習しておいて下さい。

[`evernote` not found]

10/29、30の舞踊団公演のカンテさんは
石塚隆充さん、

10/30の発表会のカンテさんは
森薫里さん

に決まりました。

ギターさんは、お二人と相談して決めます。

[`evernote` not found]

生徒さんへ

 

出るか、出ないか、

判断材料として、

「どういうスケジュールで行われるのか」

という情報が必要になるかと思います。

 

舞台というのは、1曲しか踊らないでも一日がかりだったりします。

それは、大勢の人たちが関わっているからです。

タイムラインからそれが垣間見れるかと思いますので、

是非ご覧ください。

 

細かいところは、舞台監督さんと詰めていきますが、

今までの経験から、こんな感じのタイムラインになるかと思います。

 

今のところ、土曜日の発表会が終わった後、

舞踊団公演は発表会とはっきり分け、

お客様は総入れ替えする予定になっています。

 

発表会は、1時間半分の時間を確保しています。

 

〇火曜昼:アレグリアス

〇火曜夜:ガロティン

〇火曜夜:セビジャーナス(バタ)

〇日曜午後:タンゴ・デ・マラガ

 

は演目に上げてあります。

 

水曜ソレアは要検討。

金曜のバタと日曜のバタは、

別の大きな舞台で披露するかと思うので、

発表会では演目に上げていません。

 

土曜のタラント、

日曜のカラコレス(マントン)

は舞踊団公演の演目になります。

 

ただ、4曲だけじゃ

1時間半どころか、30分程度しかなく、

発表会は成り立たないので、

どうしましょうかね…

ってところです。

まだまだ先のことなので、どうにかなるでしょう。

 

 

 

[`evernote` not found]