森山みえ フラメンコBLOG

何だかすっきりしないままに終わりそうな2020年。
2021年は世界が上向くといいですね。

では、2021年1月度のスケジュールです。

日曜日バタクラスは3回になります。
バタクラスがない日に、

石塚さんのパルマクラスを開催します。

その他のクラスも、お休みのあるクラスもあります。
以下のカレンダーでご確認下さい。


[`evernote` not found]

1月31日のパルマクラスの申込みは、
コメント欄にお願い致します。
ニックネームでも、ファーストネームだけでも大丈夫です!


パルマクラス開講のご案内

 

[`evernote` not found]

今年秋に行われる舞踊団公演の

ソリスタのキャスティングを進めておりましたが、

冬休みに入ってしまったり、

緊急事態宣言が発令されたりと

一時中断しております。

 

でも、そろそろ再開しないとって思ってます。

 

 

ソリスタ以外の群舞で出演する舞踊団員におかれましては、

以下のヌメロを踊ってもらおうかと検討中です。

 

オープニング:グループA、B
※ちょっとだけ
※ヌメロは未定

アレグリアス:グループA、グループB
※グループAは燁子と1歌を踊る
※グループBはサキと2歌を踊る

 

ガロティン:グループA

カラコレス:グループB

フィナーレ:グループA、B

※ちょっとだけ
※ヌメロは未定

 

舞踊団公演の演目は、
群舞の方々は最初から最後まで通して踊ることは
ほぼないかと思われます。

 

 

舞踊団公演に群舞として参加の方々で、
発表会でソロを踊る方以外は、
発表会の最後を締めくくる、
舞踊団クラスとしての演目も踊ってもらおうと考えています。
以下のプログラムの7番です。

10/30(土)
〇発表会〇
1.ファンダンゴ con バタ(火曜夜)
2.タンゴ・デ・マラガ(日曜)
3.アレグリアス con マントン(火曜昼)
4.ソレア con バタ(金曜)
5.ガロティン(火曜夜)
6.カーニャ(舞踊団のソロ/遠藤美和)
7.グワヒーラ(舞踊団の群舞)
8.フィナーレ/ベルデ(舞踊団メンバー以外全員)

~休憩~

〇舞踊団公演〇

 

 

[`evernote` not found]

緊急事態宣言発令に伴い、
1月に休講となるクラスがあります。

生徒さんたちは、以下をご確認下さい。


【火曜昼クラス 】
1/5、12は休講。
それ以降は今後の動きを見て判断。

【火曜夜クラス】
1月は全て休講

【火曜夜バタクラス】
1月は全て休講

【水曜夜クラス】
1月は全て休講

【金曜夜クラス】
1月は全て休講
→日曜11:15からのクラスに単発受講で参加

【土曜昼クラス】1/16~
1/9は休講
→1/16以降、通常通り開講

【日曜午前クラス】1/10~(開講決定)
→通常通り開講

【日曜午後クラス】1/10~(開講決定)
→参加:全員(三恵子さん10日はお休み)
→不参加:なし

【日曜バタクラス】1/17~ (開講決定)
→参加:全員
→不参加:なし




[`evernote` not found]

夜間の外出自粛に該当しない為、
1/10のパルマクラスは予定通り開講予定ですが、
緊急事態宣言が発令されるとなった今、
キャンセルしたい生徒さんがおられましたら、
明日(1/6水)の夜10時まででしたら、
キャンセル料無料でキャンセルを承ります。

LINEでグループを作りましたので、
皆さんが揃い次第、LINEの方でもご案内いたします。
参加予定だった皆さま、LINEグループへの参加をお願い致します。

美奈ちゃん→参加

圭子さん→参加

宏子さん→参加

英子ちゃん→参加

美和ちゃん→参加

早苗ちゃん→参加

祐里ちゃん→参加

梓ちゃん→参加

やっぴ→参加

久美さん→参加

文→参加

沙弥ちゃん→参加

 

瑞江さん→キャンセル

美恵さん→キャンセル

春香ちゃん→キャンセル

芽衣ちゃん→キャンセル

 

 

[`evernote` not found]

カンテは森さんに決まりました。

男性ゲストにはパルマを叩いてもらい、
ソロを踊ってもらい、
出演者とセビジャーナスを踊ってもらうつもりでが、
その方はまだ決まってません。
9月のことなので、
この位の仕事で今から決めるのはまだちょっと早い。
数か月前になったら誰かに連絡してみます。


バックアーティストの本番料金は、
〇カンテ
〇ギター
〇パルマ
の全部で8万円でおさえられるように、
ゲスト男性に交渉します。
よって、参加者は4人なので、
1人当たり2万円。

当初、15万円位で、
1人当たり3~4万円と申してましたので、
安く抑えられました。

練習時のギター代も、
通常よりも2500円/時間も節約できますので、
参加者の方々の負担はかなり軽減されると思います。

今ところの参加者は、

〇史子ちゃん:タンゴ・デ・マラガ
〇圭子さん:カラコレス

です。

あと2人募集中です。

もし2人足りなくても、
2人でも開催するつもりでいます。


バックアーティスト決定に伴い、
以下の通り、募集要項を改定しました。
改定したのは料金に関するところで、
全て安くなっております。

*****************

日時:
①9月4日(土)
楽屋入り:16:00~ 
舞台稽古:16:30~
開演:19:00

2019年9月、2020年2月に行った
タブラオの発表会とほぼ同じ条件になります。

但し、2020年にお店から申し出された
ステージ利用の規約が変更になり、
それに伴い、
私から生徒さんへお願する条件も少々変更が生じます。

出演組数:ソロ4人

参加費:1万円/人

チケットノルマ:12枚

※アルハムブラの規約が、
「土日は最低でも70人はお客様を集客するように」
と4月に改訂されました。
それに基づき計算してあります。

バックアーティスト費用:2万円/人

チケット代:
(ショーチャージ)2500円、(お料理)3000円
合わせて5500円

エンサージョ費用:
レッスン代:7000円/時間
ギター代:1500円/時間
カンテ代:4000円/時間

スタジオ代:1000円/時間

お店に支払う施設維持費、照明音響オペレート代:2500円/人


**************

今は練習生でもタブラオに出れる時代です。

お仕事としてタブラオに出れば、
参加費も、
バックアーティストの費用も
支払う必要はありません。

事前のエンサージョをしないでも、
当日の合わせだけでも踊らせてもらえます。
正に、本番の舞台を何度も重ねることで、
本番の舞台で練習をさせてもらえる状態になります。

タブラオの発表会に出られる方は、
このような状況においても、
参加費を支払い、
バックアーティスト代を支払い、
事前に何度もエンサージョをして臨みます。

代償を支払わないと手に入らないものが世の中にはあります。

参加者たちがこれらの費用を負担する
=代償を支払う
→人の手を借りるということです。

人の手を借りないと、到達できないものは存在します。

いくら伸び代があっても、
自己流、独学は頭打ちになります。

人の手を借りるということは、
頭打ちになるのを回避する手段なのではないかと
私は思います。

私は、これらの代償を支払い、
私について来てくれている生徒さんたちが
不公平に思わないで済むように、
私の企画する舞台(映像作品)でソロを踊る生徒にしか
個人レッスンはしないことにしています。

代償を支払う参加者の方々が得られるものは、

自分の伸び代を
先生の手を借りて伸ばして行くことだと思います。

先生として精一杯お手伝いさせて頂きます。

二人三脚で最後まで頑張りましょう。




[`evernote` not found]