森山みえ フラメンコBLOG

音の捉え方

レッスンでも申してますが、
12拍子の音の捉え方が
スペイン人と日本人では異なります。

先祖から伝わったリズムの捉え方の違いか、
スペイン語と日本語の抑揚の付け方の違いか、
何が理由かは分かりませんが、
スペイン人の音の捉え方は
私たち、日本人とは真逆な感じがします。


12拍子の中でも
ソレア系、アレグリアス系の音の捉え方はこんな感じ(↓)



でも、日本人が普通に数えてしまうと、こんな感じになってしまう(↓)


ファンダンゴ、グワヒーラ等はこれでいいのですが、
ソレア系、アレグリアス系、ブレリアは、音の捉え方が違うと
踊りも違ってしまう。
動きは同じでも、踊りが変わってしまう。



日本人が音の捉え方を変えるには、
頭を使わねばできません。

どうしても、踊り手は、
視覚的に綺麗なものを目指してしまいがちですが、
フラメンコの場合、
それだけだとフラメンコの表現になりません。


パーカッショニストとしての役割を担う
音楽的に寄り添った踊りも模索してみて下さいね(*^-^*)

[`evernote` not found]

トラックバック

COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

東京都江戸川区小岩駅のフラメンコ教室

〒133-0056

東京都江戸川区南小岩6-30-10 3階

お問い合わせ

アクセス