森山みえ フラメンコBLOG

へレス・フェスティバルの時期は、へレス市主催のクルシージョが開催されるだけではなく、

へレスにあるアカデミア(学校)等が主催するこじんまりしたクルシージョも開催されます。

 

なので、へレス市主催のクルシージョは1つだけにしておいて、

後から発表されるクルシージョを受ける余地を残しておくのも一案。

 

さて、2017年はへレス・フェスティバルに行くことにしたのですが、

前期も後期も1クラスずつしか申込みしていません。

そこで、空いてる時間にどこかで魅力的なクルシージョを開催するようなら、それに参加しようと目論んでおりました。

 

やっぱり、そろそろ色々なクラスが発表となってきました。

 

パストーラ・ガルバンが前期にクルシージョを行うようです。

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

午前中です。

ヤバい、ビンゴだ・・・。

ブレリアとソレア・ポル・ブレリアだそうです。

14938237_666294813546403_1502354650645577186_n

 

チキ・デ・ヘレスのアカデミアでも毎回クルシージョを開催します。

今をときめくような踊り手を呼んだり、

すんごい有名ではないけど、

「いいよね、この人」

って人たちを呼んでたりします。

有名な人ってのは、

○実力があるから有名(ずば抜けた人たちです)

○後ろ盾があるから有名

ってのがあります。

逆に言うと、そんなに有名じゃない人の中には、

実力だけで有名になれる程の実力はないけど、後ろ盾があって有名になった人より実力のある人

ってのが存在します。

チキは、そんなに有名ではないけど、そこそこ実力のある人たちを呼んでいると私は思う。

スペインで「実力だけで有名になれる程の実力はないけど、でも上手い」ってレベルは、驚く程高い。

日本なんか、ほんと、比べものにならない。

 

バネッサ・コロマ。

私、とーーーっても好きな踊り手です。

かつてエルフラに来てました。

アルフォンソ・ロサのノビア(彼女)でした。

今はどうなのか知りません。

けど彼と同じ時間に同じ場所でクルシージョを開催するので、多分、まだ続いていると思います。

そんなに有名じゃないけど、踊りはすごくいい。

vanessa

 

へレス・フェスティバルの9時からの公演では有名な人が冠公演を行うのですが、たまにその人たちの舞踊団の一員として参加してる人が、ちょいとソロを踊ったりってのもあります。

そんな中で、滅茶苦茶フラメンコで、すごく良くてって人がポッと出たりします。

すると、会場中が「オレ!」の嵐に包まれます。

人は頭で考えると名前の通った人がすごいと思いがちだけど、何も考えずにいた時、素晴らしいものを見わける目を持っている。

思わず「オレー」と出たもの、それが本物だよ。

有名な○○が踊るから、きっとすごいんだ。パチパチ。

有名な▽▽が言うんだから、きっと正しいんだ。ふむふむ。

本当か?

無名な□□が踊ったけど、思わず気分が高揚し、「オレー」と言うのを抑えられなかった。すげーーー!!!

これなんだと思う。

有名な評論家がすごいと言う人は、本当にすごい人もいるけど、そればかりじゃない。

裏には色々あるから。

けど、自分が目の前で見て、思わず「オレー」と言ってしまったものに裏はない。

他人に軸を持たずに自分の軸を持ち、他人の言うことに洗脳されず、自分が心から素晴らしいものは素晴らしいって思えるようになりたい。

スペインに行って、色々な公演を観るとそう思う。

まだ目が肥えてないこともあり、評論家の人たちが見抜けるものを私は見抜けていないってのもある。

だから良さが分からないってのは大いにありうる。

けれども、自分が良いと感じる感性は信じたい。

評論家は、思ったことを全ては書けない。

けど、会場のお客さんは正直だ。

皆、評論家程は目が肥えないかもしれないけど、ちゃんと心で感じる。

素晴らしければ、「オレー」と盛り上がる。

つまらなければ、しらーっとしてる。

それが全てだ。

日本人以上に欧米人ははっきりしてるので、その差は大きい。

バネッサは、確か、過去のへレス・フェスティバルで、マヌエル・リニャンの公演に舞踊団員として出てたのを一度見た。

マヌエル・リニャンは実力派。

そこで、バネッサはちょいと一踊りした。

会場中が大いに沸いた。

本当、お客さんは正直でありました。

 

 

 

クラスの話に戻そう!

 

クラスですが、アナ・マリア・ロペスが常設のクラスを持っていて、へレスのブレリアを教えているので、そこに飛び入りするって手もある。

 

別のところでは、インマクラーダ・オルテガもクルシージョを開催するようです。

色んな意味で、この人のレッスンはすごく好き。

身体の使い方、音の取り方、振付、などなど、私に合っている。

ただ、場所がイマイチ分からない。

借りるピソからあまり遠いと無理があるので、そこがネック。

inma

 

 

また、中には開催の前日になって、決まるものもある。

大袈裟じゃないよ。

なにせスペインだから。

向こうに行ったら口コミで知るのもある。

なので、まだ決めないで、当たりだけ付けておくことにします。

 

 

 

 

ああ、楽しみだなぁ。

夜な夜なフラメンコの公演を観て、

昼間はレッスン三昧。

 

それと、スペイン語の勉強・・・・するするって言っておきながら、全然してないのですが、全然してないから、やっぱり落ちた(涙)。

昨日、ベニ先生が早口で話したら、聞き取れなかったのもあった。

リスニングをしなきゃって思ったのでした。

 

[`evernote` not found]

月に1回、うちのスタジオで開催されているカンテクラスのご紹介です。

以下に取りまとめをしてくれている沙瑛ちゃんからの案内を転載致しますので、ご一読下さい!

 

 

*******************************

突然ですが、カンテをやってみませんか???

みえ先生のブログの受け売りですが(笑)、歌がわかると、呼吸する箇所がわかるので、踊りにも非常に活きてくると思います。あとは、CDなどを聞いたときに、「あっ!この歌知ってる!」と嬉しい気持ちになれます(笑)

 

毎月1回、土曜日の午前中にプロのカンテである「森薫里」さんを招いてカンテレッスンをしていただいています。森さんのカンテは、エキゾチックでアイレに溢れていて、とても素敵ですよ!お人柄も素晴らしく、一人一人に丁寧な指導をしてくださいます。

内容ですが、現在は「タンゴデマラガ」の練習をしています。来月からは「タラント」も始まる予定ですので、特にロシオさんのクルシージョを受けてらっしゃる方、いかがでしょうか^^

 

歌のレッスンの他に、パルマの指導もしていただいてます(4拍子とブレリアのパルマをやっています)。

都合が合う時はギターさんにも来ていただいていますので、音楽を聴く練習にもなると思います。音楽が「落ちる」ってなんだ??というのは長年の疑問だったのですが、少しずつわかってきたような…気がする。

 

長くなりましたが、次回のレッスンは11/12(土)10:00〜11:30 小スタジオの予定です。

 

ご興味のある方は、土曜クラスの沙瑛子までお声がけくださいませ。

 

******************

沙瑛ちゃんの連絡先をご存知ない方は、私にお問い合わせ下さい。

沙瑛ちゃんの連絡先を教えします。

外部の方も大歓迎とのことです!

 

歌うって楽しいですよ♪

 

[`evernote` not found]

<<10/19(水)17:00追記>>

満員になりましたので、募集を締め切らせて頂きます!

 

******************************************

 

 

「簡単なことしかできないから、簡単なことやってる」と他人を見下す人に問いたい。

簡単なこともできないのに難しいことをやってるのは何の意味があるの?

その3連のパソですら滑っちゃってるのに、何故4連に挑戦してるの?

足し算、引き算ができないのに掛け算、割り算やってるように見える。

掛け算、割り算ができないのに、基礎解析とか微分積分の問題集に手を出してる感じ。

 

ああ、そうか。

「難しいことに取り組んだからできなかった」って言い訳が成り立つからか。

簡単なことやって、簡単なことすらできなかったらカッコ悪いものね。

でも、そうやってしっかり向き合わないのはカッコ悪くないのか?

 

 

 

難しいことをやってれば上手く見えると思っている人に問いたい。

その難しいことをできるようになった時、確かに、上手く見えるようになる。

けれども、その難しいものをできないままになってしまった時、その難しいものはあなたを舞台上で衆人環視の元、大恥かかせる凶器となる。

その事実を知っているのか。

「私はこのパソできません」と舞台の上でわざわざ宣伝することになるのを知っているのか。

 

分不相応なものを、「君ならできる!」とそそのかされ、その気になってやらされている人に問いたい。

できなかった時、その責任は誰がどこで取るのか知っているのか。

間違ってもそそのかした人じゃない。

『舞台の上』で『あなた』が『赤っ恥を掻く』という形で責任を取らねばならない。

そそのかした人を責めても無駄だ。

「あなたならできると思ったんだけどね。期待外れだったよ」

と言うだけで責任を回避できるから。

もしくは、全然良くなくても、

「良かったよぉ」

と満面の笑み付で言い切っちゃえばいいだけだから。

 

 

 

簡単な振りですら一人で踊れない人でも、先生や踊れる人と一緒なら難しい振りを踊れるようになる。

けれども、簡単なことでもきちんと理解し、一人で踊れるようになるのは簡単じゃない。

大勢で難しいパソに、スタジオで必死の形相で取り組んでいることの方が、

一人で簡単なパソを、舞台で楽しそうに踊るより簡単だよ。

 

一人で簡単なパソを、舞台で楽しそうに踊る人を見て、

大勢で難しいパソに、スタジオで必死の形相で取り組んでいる人が、

「私はただ楽しいだけのことをしたい訳じゃないです」

と言う。

けど、私には逆に見える。

先生に背中を押されながら、自分のサパテアードの音も聞こえず大勢でレッスンを受けているのは、

一人で孤独にスタジオに籠り、自分のサパテアードの音のひどさと向き合い、自分で自分を奮い立たせ練習するより楽だよね。

一人で舞台で踊るってのは、そういうことをしてるからこそ、できることだよ。

 

お金を払ってレッスンを受けて、先生に楽しませてもらうよりも、

お金を受け取って、舞台の上からお客様に楽しんで頂くことの方が難しい。

 

 

 

簡単なものを侮るな。

簡単なものすらできないのに侮るな。

簡単なものすら、できるようにさせられないのに侮るな。

 

 

と声を大にして言いたい。

 

 

 

 

 

ブレリアは、振付だけ習っても踊れるようになりません。

振付がなきゃ踊れないと思ってるでしょうが逆です。

皆さんが憧れる、カッコよくて、難しい振付が邪魔して、いつまで経っても踊れるようになりません。

最初から振付を習っちゃうから踊れるようにならないんです。

シギリージャ、タラント、ソレアと言った難しいヌメロは踊れるけどブレリアは踊れないって人は、振付ありきだから踊れないのです。

最初から「ブレリアって何?」ってところから習ったら、徐々に即興で踊れるようになります。

その後で、難しくてカッコいい振りを習ったらいいと思います。

その方が無駄なく、習ったものを有効活用できます。

 

 

ということで、即興ブレリア講習会を開催します。

「ブレリアのマルカールを如何にもスペイン人のようにブレリアっぽく!」とか、

「凝ったリズムのパソを習う!」とか、そういうクラスではありません。

そのずーーーーっと前段階の、

『一人で輪から出ていって、踊って、輪に戻るやり方を知り、慣れる』為のクラスです。

上手く踊れないでも大丈夫です。

ここでいっぱい失敗して、いっぱい恥かいて、ブレリアを覚え、舞台では自信持って、晴れやかに踊れるようになりましょう!

 

 

日時: 11/21(月)19:45〜21:15

料金: スタコン参加者3000円、それ以外3500円(外部の方も歓迎致します)

対象: ブレリアを即興で踊れない方。

 

※踊れない方が委縮するので、もう既に踊れる方はご遠慮下さい。

※うちの教室でしたら、ファンダンゴを踊ったことのある方でしたら大丈夫です。

 

★ギター、カンテの料金は参加者で頭割り。

カンテはチェマが来てくれます。

 

アギさんがお亡くなりになってから1年が経とうとしています。

以前、アギさんにブレリア講習会を開いて頂きました。

アギさんに教えて頂いた、「ブレリアとは何ぞや」を少しでもお伝えできたらと思います。

歌も聞かず、ただ習った難しい振りをやることに精一杯になって踊る人に対しては、アギさんはいつもしかめっ面してましたよ。

単純なマルカールしか踏まないでも、歌を聞きながら踊ることを楽しみ、歌が落ちるところでジャマーダをかけ、歌が落ちるところでハケれる人には「オレー!」って言ってくれていました。

 

 

でも、始まりは二番目のお教室の先生に教わったところから。

彼女からこのブレリアの仕組みを習い、「ああ、振付ありきじゃないんだ!」って知り、目から鱗でした。

すごく勉強させてもらいました。

ビジネスライクじゃない、フラメンコに真正面から向かって行ってる、尊敬する先生です。

 

 

あ、でも、彼女の前に、まだスペイン在住だった頃のAMIさんのブレリアのクルシージョに出たことがあります。

まだ私がフラメンコを始めて2年目位の頃です。

その時は、一体何をやってるのか全然分からなかったけど、

後になって、

「あの時に習ったやり方こそが、ブレリアを踊れるようになるコツだったんだ!!!!

すごく良いことを教えてもらってたんだぁ(≧▽≦)」

と気付いたのでした。

 

 

その他にも、へレスのブレリアで有名なアナ・マリア・ロペスも同じような感じで教えてくれました。

 

その後、タブラオに出て、踊らざるを得ないので踊って、徐々に慣れて行きました。苦手だったし、今でも苦手です。

 

そんな経験から、私が有効だなって思ったものを、1回のレッスンじゃ教え切れないけど、掻い摘んで生徒さんにはお伝えしていきたいと思います。

難しいものを難しいまま教えるのではなく、如何に簡単にして理解してもらえるか、頑張ります!

 

 

ご興味のある方は、メールにてご連絡下さい。

info@miemoriyama.jp

です。

 

 

 

 

 

[`evernote` not found]

発表会が終わった9月10日の直後から、病気治療の為にホルモン療法を始めました。

エストロゲンという、美魔女たちがお肌の為に補充するような女性ホルモンが元々過剰だったようで、悪く作用をすると乳がんを引き起こす原因になるらしく、そのエストロゲンを抑える薬を飲み始めました。

もったいな~い(T_T)

投与を開始して、昨日で1ヶ月が経ちました。

この薬の副作用は1ヶ月位までに出てるらしく、この期間にこれと言った症状が出なければ大丈夫だろうと言われているそうです。

病院の先生によると、副作用の出ない人は50%、出ても軽い人30%くらいだそうです。

一ヶ月飲んでみて、どうやら副作用らしきものを感じません:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

良かったぁ。

 

ホットフラッシュ、関節の痛み、イライラ、体重増加、薄毛、不眠・・・・と言った副作用が出る人もいるらしいのですが、私は大丈夫そうです。

放射線治療も同時に開始していて、その期間中は倦怠感が出ると聞いていたので全てのお誘いをお断りし、お出掛けの予定も入れず、レッスンの時以外はいつでも寝れるように用心しております。

その甲斐あって、今までの人生でここまで身体を労わったことがないって程身体を休めており、イライラするどころか、ゆったりと過ごして幸福感に包まれてます:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

睡眠時間も6~7時間位は取っていて、涼しくなったお蔭で不眠どころかぐっすり良く寝れています。

そうか、私、これまで疲れてたんだって気付きました。疲れていないと身体って軽いのね。

毎日体重計に乗っていますが、増加なし。

薄毛どころか、半分くらい減っても大丈夫なくらい髪が多いのが悩み(涙)。本当に多いの。重いのよ。。

 

放射線治療は平日毎日あります。

30回の予定のうち10回が終わりました。

同じ病気にかかったことのある生徒さんからは、

「3分の1が終わりましたね」

と励ましのメールをもらいました。

覚えててくれたのね。

どうもありがとう(*^-^*)

放射線治療は、地味に疲れる。

治療は夕方に行われるのでその前までに夕飯の仕込みをしてしまい、治療から帰ってきたら30分~1時間程は身体を横にしています。

それ以上寝ちゃうと、もっとダルくなっちゃうので、ちょっとだけね。

そして夕飯の仕上げをし、夜のレッスンがある日はスタジオに向かいます。

レッスンに向かう頃には、疲れも取れています。

火曜日だけは昼にも夜にもレッスンがあるので、月曜の夜のレッスンのない時間に翌日の夕飯の仕込みをしてしまっています。

それ以外の時間はどうしているかと言うと、その他の家事を行ったり、本を読んだり、フラメンコのCDを流し、歌詞カードを見ながらカンテを覚えたりしています。

予想以上にカラコレスに苦戦していて、フラメンコ独特の入りの間が掴めず・・・。

やっぱり12拍子は難しい。

こんな感じで平日は過ごしてます。

週末は病院がお休みで治療がないので、今まで通り。

そこで気付いたのですが、土曜日はとても元気。日曜日も元気。

ってことは、放射線治療が終わったら、土日と同じ位の体調なんだなってのが予想できました。

兎に角、レッスンに支障が出ては生徒さんに申し訳ないと思い、疲れを溜めないように用心に用心を重ねているので、活動する場がレッスンの時しかありません。

生きる喜び、それは人との繋がりから生まれる楽しい時、活動する時。

それが今は、生徒さんのレッスンしかありません。

いやぁ、お蔭で、レッスン、楽しいです。

疲れてないから身体も良く動くし、今はこれしか楽しいことがないから、今まで以上に楽しく感じるし、私、生徒さんよりもパワーがみなぎっているかもしれません。

 

これまではお付き合いで出掛けることが多く、気持ちの面でも体力面でも疲弊の原因になってたけど、これからはそういうのは減らして行こうと思います。

できるかな。

お付き合いを減らすって、なかなか難しいけどね。

難しいってより怖いよね。

人との繋がりを断つ、イコール、運気を下げることだと思うから。

でも、私の場合、過剰になってた女性ホルモンが乳がんを引き起こしたように、人との繋がりも過剰になっていたのかもしれない。

今までだって付き合いがいい方ではないし、それ故に世間から取り残されてる部分は大いにあるけど、それでも私には多過ぎたのかも。

今は人付き合いをぐんと減らしてるから、気持ちの面でもゆったりしている。

私が人付き合いを減らし、寂しくなった分、話し相手になってくれている生徒さんたち、どうもありがとうね(^0_0^)

あなたたちとバカな話をして沢山笑い、随分と気持ちを楽にしてもらっています。

 

そして、連休のお蔭で3日間も治療がなく体力が余ってるので、今日はスタジオで久々の自主練をしてこようと思います。

今のところ、練習しておかなきゃならないものはないのですが、少し身体を動かしてる方がいいみたい。

 

 

ということで、ご心配をお掛けしておりますが、私の体調はこんな感じなので、11月初旬に放射線治療が終わったら普通に元気で過ごせそうです。

 

[`evernote` not found]

へレス・フェスティバルに行く生徒さんが2人になりました。

1人で行くのは寂しいので、一緒に行ってくれる人ができて嬉しいです♡

 

とは言っても、2人とも受講するレッスンは別々。

2人のレベルが違うのでね。

大丈夫!

どのクラスも、こんなに要らないって程、日本人がゴロゴロいるから困らない。

 

夜は一緒に公演を観て回ろうね。

その前に、美味しいタパを食べ歩こうね♪

 

俄然、楽しみになってきました。

 

[`evernote` not found]